カーナーヴォン、ビューマリス、ハーレフ! 北ウエールズの世界遺産3城ほか、見どころ7選 

旅のblog
困っ太くん
困っ太くん

北ウエールズ観光で前回紹介してもらったコンウィに行った後、どこに行ったらいいんだ? 他にどんな見どころがあるんだい?

哲太郎
哲太郎

あまり交通の便が良くないのでレンタカーを借りていくのが良いのですが、現地まで行けば可愛いSL列車やバスも楽しめます。行き方、見どころ案内しますね。

北ウエールズについて

ウエールズについて(Wikipedi参照)

1258年にウェールズの事実上の統治者グウィネッズ王ルウェリン・アプ・グリフィズがウェールズ大公(プリンス・オブ・ウェールズ)を名乗り、ウェールズ公国(Principality of Wales)が成立した。しかし、イングランドからの圧力に加えてウェールズ内部での権力闘争の激化、オックスフォード条項以降のコモンロー支配によってウェールズは弱体化していき、徐々にイングランドに臣従せざるを得なくなった。1282年、ルウェリン・アプ・グリフィズがイングランド王エドワード1世に敗れてからは、ウェールズはイングランドに占領されその支配下に置かれることとなった)。ウェールズはイングランドの一地方となり、エドワード1世は長男エドワードにプリンス・オブ・ウェールズの称号を与え、ウェールズの君主としてウェールズを統治させた(これより以後、イングランド王太子は代々プリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズ大公)の称号を引き継いでいく)。

北ウエールズ行き方

北ウエールズの見どころ

カーナーヴォン城

  • 1283年ウェールズを征服したイングランド王エドワード1世によって建設された。城の中は芝生の中庭、その周りを8つの塔が囲んでいます。
  • 南側のシャンベレーン・タワーからクィーンズ・タワーは博物館。西のイーグル・タワーからはカーナーヴォンの街を一望できる絶景が望めます。
  • 住所:Castle Ditch, Caernarfon LL55 2AY

スノードン山

  • カーナーヴォンの街の南の山岳部にある山、湖水地方と同じように湖が多い地区だが、湖水地方が牧歌的な風景なのに対して、この辺りは荒涼とした風景が広がっている。これはこれでいい感じの風景。

スランベリス湖岸鉄道

  • 北ウェールズ山岳部を走る鉄道。可愛らしいポップな蒸気機関車が人気。
  • スノードン山のふもとの湖畔沿いの美しい風景を眺めながら乗車を楽しむことができます。

ビューマリス城

  • アングルシー島にあるビューマリス城は、イングランド王エドワード1世の北ウェールズの征服 の軍事行動の一環として構築された。
  • 築城は最終的に1330年頃に終了したが、城自体は未完成のままであった。

ビューマリスの街

  • ビューマリスの城の横に数十件の家がある程度の小さな町。私が飛び込みで停まったホテルはワンフロア客は我々だけ、窓から見える煙突にコウノトリが巣を作って卵を温めていた。それだけでハイテンション。

ハーレフ城

  • アイリッシュ海付近の岩場の丘の上に築城された山城であり、イギリス指定建造物1級に指定されている。
  • 要塞は現地の石材で築かれ、巨大なゲートハウスがある。建築様式はサヴォワ出身の主たる建築家である

シグン銅鉱山

  • アミー家によって1903年に閉山された銅鉱山を、ライトアップして観光名所として内覧できるようにした高山。

北ウエールズ まとめ

  • 北ウエールズは本当に面白い。使ってる言葉がイギリスでありながら英語でなかったり、広がる風景も他のイギリスの地方が牧歌的と表現すれば、ウエールズは荒涼としている原野。でもそれはそれで美しい風景と思えるから不思議。
  • カーナーヴォン城、ビューマリス城、ハーレフ城、3つの世界遺産を回って見比べてみるのも楽しい。似たような姿だが全く異なる印象を受けるのも不思議。
  • 少し交通の便は悪いですが2度目のイギリス旅行の際にはぜひ足を延ばしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました